目から鱗が落ちる不動産投資ランキングの実態

不動産投資 ランキング

投資の収益は、保有している間継続的に安定収入が得られるインカムゲインと、持っている間は収益が実現せずに手ばなした際に一時に得られるキャピタルゲインに分類することができます。不動産投資の場合はインカムゲインが家賃収入、キャピタルゲインは値上がり益になります。物件を比較するランキングは一般的に過去の実績を示しているので将来を保証することはできません。確実に値上がりする物件を見通すことは誰にもできませんが、過去の実績は将来を予測するためには有効です。そこで、ランキングを使用する場合はデータを活用できるかどうかがポイントになります。たとえば値上がりランキング上位だとしたら、さらにもう一段伸びていくのかもう上がりきっているのかの分析次第で投資判断が分かれます。

不動産投資の物件選び、注目の指標

値上がりで一時に得られるキャピタルゲインは短期間で実現すると高利回りになって魅力的ですが、一般的に不動産市況が上昇している場合は他の物件の価格も上がっていることが少なくありません。安定した家賃収入を得ている物件の価値が上がっているときに物件を売却すれば投資の回収は早まりますが、同じだけの家賃収入を得ることができる物件を買おうとすると新たな物件の値段も高くなっています。売却によって得る資金で別の物件を買いたいとか、借入返済などの資金需要がある場合は高く売れるに超したことはありませんが、買い替えて継続的に家賃収入を得る場合には再投資先を決めてから売却することが有効です。ここでは値上がりの指標だけに注目しないで、得られる資金の使い道にも意識を向けることが大切です。

不動産投資の物件選び、大切なポイントは人口増加

不動産の価値は常に上がり続けるものでも下がり続けるものでもなく、トレンド=流行にも左右されます。流行に乗って値上がりしている物件は流行次第で下がることもあり、いったん流行が反転すると下落も止まらなくなってしまうリスクがあります。流行だけでなく値上がりする物件とは需要が高いエリアなので、賃貸経営をしても空室リスクが低い優良物件です。投資の収益にはインカムとキャピタルの二種類がありますが、この二つは両立しないものでも選択するものでもありません。需要が高い物件は値上がりの可能性も高いし、賃貸経営でも空室リスクが低い優良物件です。そこで、物件選びのランキングで一番に注目すべき指標は人口流入・増加の割合です。人口が増えている地域は値上がりしていても将来性が高く安心です。

参加者40,000人突破のシノケンのセミナー! 「企業規模が大きい」「入居率が高い」等の特徴に合わせた、不動産投資会社の検索が可能です。 7年更新のサブリースは国内唯一で、35年ローンでも4回しか更新がないから賃料変動が少なくお得です。 人気の不動産投資会社をランキング形式にご紹介。「不動産投資会社 総合ランキング」 今、注目の不動産投資会社をランキング形式でご紹介しております。 不動産投資ランキングなら|知ってて良かった不動産投資会社完全比較ガイド