損をしないために利用したい不動産投資ランキング

不動産投資 ランキング

不動産投資初心者の人は、利益を出すことばかりを考えてしまうのではないでしょうか。利益を出すことも大切ですが、損をしないように行動することも大切です。実は、不動産投資では選択肢によって損をしてしまうこともあります。不動産会社の担当者から優良な物件と紹介されたが、後になってから価格に見合わない物件であることがわかった場合などです。ローンを組む人は、高い金利でローンを組んでしまわないように注意する必要があります。実際にアパート・マンション経営を開始した後にも損をしてしまう要素があります。例えば、30年保証で話題のサブリースを利用して失敗したという体験談も増えています。サブリースは30年一括借り上げなどと謳われていますが、実際には定期的に家賃の見直しがあります。

損をしないための不動産投資ランキング

不動産投資ランキングは利益を出すために見る人が多いかもしれません。1位から順番に人気がある物件や会社が紹介されています。音楽チャートでは100位まで紹介されることがありますが、不動産という分野の場合には5位~10位くらいまでになっていることが多いですね。トップから順番に5社~10社が紹介されているわけですから、上を目指している人がランキングを見る傾向です。それでは、「マラソン大会で自分は最下位にならなければ何位でもいい」などと考えている人は、上のほうの順位は見る必要がないでしょうか。実は、損をしないためにもランキングを見ることは重要です。学校のマラソン大会とは違い、投資はお金の取り合いの部分がありますので、自分は後ろのほうでいいなどと考えていると負けてしまいますよ。

どんなことに注意すべきなのか?

最初に損をしてしまうポイントとして、不動産会社の担当者がおすすめする物件を流されるままに購入してしまうことです。担当者は売れない物件を売ることも仕事です。優良な物件は放っておいても売れていきますので、むしろ人気がない物件を紹介することのほうが腕の見せ所と言えるでしょう。そのため、流されるままに決めてしまうことは危険です。ローンについても、紹介されたローン会社で決める前に、しっかりと比較をしてからにしましょう。30年間家賃が保証されるサブリースが一時期話題となりましたが、サブリース契約の問題点も浮上してきています。サブリースは非常にトラブルが多い契約なので、決めるときは慎重になるべきです。ここで紹介したこと以外にも、注意すべきポイントはあります。セミナーなどにも参加して、しっかりと勉強しておきましょう。